カラーコンサルタントによる
タイプ別 カラードレスの着こなし方講座 春 & 夏編

カラーコンサルタントによる
タイプ別 カラードレスの着こなし方講座 春 & 夏編

カラードレスはウェディングドレス以上に様々なバリエーションがあって、迷ってしまいますよね。そんな「カラードレス迷子」さんに、ぜひ参考にしていただきたいのが、パーソナルカラー診断。肌・髪・瞳など、人それぞれに生まれ持った色を基に、似合うカラーを春・夏・秋・冬の4タイプに分けたものです。今回は、CORDYレポーターのうち、春タイプのMAKI、夏タイプのYOKOが試着体験してみました。各タイプ、人気のニュアンスカラーのドレスを着こなすには、どうトータルコーディネートすればいいのか、カラーコンサルタントの岸本じゅん子さんに監修していただきました。

2020.11.18 水

アイテム探し

■ 春タイプ MAKIの場合
ツヤ感&大胆モチーフで個性的な女神を演出

-コーディネートのテーマ-
優しいだけじゃない、スタイリッシュな女神

春タイプ MAKIの場合

「個性的」「シャープ」といったキーワードが当てはまるタイプ

テーマは「女神」。パーソナルカラーとは別に、それぞれの骨格や性格、ライフスタイルなどから紐解く「ファッションタイプ」によると、MAKIは「個性的」「シャープ」「大人っぽい」というキーワードが当てはまる「ドラマティック」タイプ。

色合いは淡く柔らかい印象でまとめながら、デザインやシルエットでは、大人っぽさやスタイリッシュさを意識しました。みずみずしい肌の質感に合わせて、シルクやサテンなどツヤ感のある素材も似合うタイプです。

-選んだカラードレス-
ビジューや刺繍でツヤのある明るいニュアンスカラー

ビジューや刺繍でツヤのある明るいニュアンスカラー

似合わせポイントは胸元のビジューや刺繍

春タイプに似合う代表的な色、サーモンピンクの入ったニュアンスカラー。サーモンピンクの他、明るいグレーやベージュなどのチュールが重なり、全体の色味を見ると、実は、夏タイプに似合う淡いくすみカラー。春タイプへの似合わせポイントは胸元のデザイン。ツヤのあるビジューや刺繍が、明るい色の似合う春タイプの顔映りを引き立ててくれます。

-ヘアメイク-
ハイライトを広めに入れたツヤ肌メイク

ハイライトを広めに入れたツヤ肌メイク

ファンデーションは最低限で素肌感を活かす

ポイントは、みずみずしい肌を活かす「ツヤ肌」メイク。ファンデーションは最低限にして素肌感を活かし、ハイライトを広めに入れてツヤ感を出しています。ヘアスタイルは人気のハーフアップ。ゆるやかなカールで女神のような雰囲気を演出しています。顔回りにボリュームを出して華やかに。

-ブーケ-
大胆モチーフの「プロテア」で個性的に

大胆モチーフの「プロテア」で個性的に

スタイリッシュなMAKIに似合う大胆な花材を中心に

中心に置いたのは、ドレスのくすみカラーに合わせたスモーキーなサーモンピンクの「プロテア」。長身でスタイリッシュ、大人っぽい雰囲気のMAKIに似合う大胆なモチーフを選んでいます。春タイプに似合うフレッシュな黄緑系のグリーンを入れて、ドレスにもモデルにもフィットするようにまとめています。

春タイプのカラードレスを見る

詳しくは動画をご覧ください。



■ 夏タイプ YOKOの場合
パウダリーなチュールドレスで柔らかなクラシカルスタイル

-コーディネートのテーマ-
ドレスシルエットやメイクできちんと感を

夏タイプ YOKOの場合

ニュアンスカラーは夏タイプの得意カラー

イメージしたのは端正な印象の正統派花嫁。YOKOのファッションタイプは「ノーブル」「本物志向」といったキーワードに象徴される「クラシック」タイプ。

ドレスのシルエットはウエストがキュッと締まったクラシックなライン、メイクはトレンドのナチュラルテイストというより、きちんと感が出るような雰囲気を目指しました。

ペールトーン、パウダートーン、シャーベットトーンといったニュアンスカラーは、夏タイプの得意カラー。好きな色を選んでOKです。

-選んだドレス-
カラー・素材・デザインなど全てがぴったり

カラー・素材・デザインなど全てがぴったり

シルバーの繊細な刺繍や細かいラメは夏タイプにぴったり

薄いブルーグレー、チュールが重なったパウダリーな質感、シルバーの繊細な刺繍や細かいラメなど、全てが夏タイプにぴったりのカラードレス。ベールに包まれたような柔らかい雰囲気の夏タイプが着ると、ふわっとした優しい印象が際立ちます。

-ヘアメイク-
目元を強調して透明感にインパクトをプラス

目元を強調して透明感にインパクトをプラス

全体的には透明感を意識

ポイントはアイメイク。アイシャドウは夏タイプに似合うシルバーとパープルの2色を組み合わせ、派手になりすぎないよう薄めに。ドレスのデザインに合わせてラメを入れ、アイラインは強めに。全体的には透明感を意識しながら、ボヤけないよう目元をポイントとして強調しました。

-ブーケ-
シルバーリーフなどスモーキーカラーで統一

シルバーリーフなどスモーキーカラーで統一

スモーキーカラーで統一

全体的なトーンはスモーキーカラー。ピンクでもブルーベースの薄いローズピンク、グリーンは綿毛で覆われているようなシルバーリーフなどを使って、グレイッシュな雰囲気でまとめています。

夏タイプのカラードレスを見る

詳しくは動画をご覧ください。



-まとめ-
似合うカラーは自分の魅力を最大限に引き出してくれる

自分が「好き」「着たい」と思えるドレスであることも大事ですが、似合うかどうかは重要なポイントです。似合うカラードレスを選ぶことで、顔映りや血色が良く見えたり、シミやしわなども目立たなくする効果があったりします。自分の持って生まれた魅力が最大限に輝くよう、プロのアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

監修

東京 表参道 andflower
フラワーコーディネーター 岸本じゅん子さん

フラワーコーディネーター 岸本じゅん子さん
(プロフィール)
米国COLOR ME BEAUTIFULカラーイメージコンサルタント パーソナルカラー理論に基づいてウェディングブーケを製作。

and flowerのサービス

記事一覧へ戻る