アートみたいなウェディングフォト

2020.01.23 木 | CORDY(コーディ)セレクト

ハレの日に自撮り以下の自分なんてあり得ない!

ハレの日に自撮り以下の自分なんてあり得ない!

 スマホで自撮りする時に、少し目を大きくしたり、顔を小さくしたりするのが当たり前の時代、結婚式という一生に一度のハレの日に、自撮り以下の自分なんてあり得ませんよね!?
 「レタッチ」という修正技術に優れたカメラマンなら、モデルや映画スターのようにアーティスティックなウェディングフォトを撮影してくれます。
 3月末まで、お気に入りの1枚をウェルカムボードにするサービスの無料プレゼントもご用意していますので、ぜひ、チェックしてみてください!

CORDYで注文できるアートなウェディングフォト

韓国風ウェディングフォト ルミナス東京(東京都江東区)

2018年10月にオープンした、日本最大級の邸宅ロケーションスタジオ。約200坪の広大なフロアにずらりと並ぶ28種類の撮影セットの中から、好きな場所を自由に選んで撮影できます。選べるシーンは、プランによって3~10種類。
 撮影の特徴は韓国風の劇的なスタイル。ライティング、レタッチやポージングなどでドラマティックに仕上がります。天候に左右されず、アーティスティックな写真を再現性高く撮影できることもメリットの1つです。利用料金のボリュームゾーンは20~25万円。

韓国風ウェディングフォト ルミナス東京(東京都江東区)

世界的なコンペで入賞する技術的なフォト フォトアート・コジマ(徳島県美馬市)

世界的なフォト・コンペで数々の入賞を果たしている故島永幸さんが運営するフォトスタジオ。
 レタッチを終えた後の完成図を思い描いた上で、シャッターを切っています。そのために、事前に2~3時間、新郎新婦へのカウンセリングを行い、2人のキャラクターや雰囲気を把握し、写真の構図やポージングのイメージを膨らませて撮影に臨んでいます。
 特に前撮りは、ストロボなどのライティングも細かく調整でき、アートとして昇華させやすいそうです。利用料金のボリュームゾーンは、衣裳チェンジ4点で40万円前後。 

世界的なコンペで入賞する技術的なフォト フォトアート・コジマ(徳島県美馬市)

どんな天候でも素敵に仕上げる ILUMINI(日本・ハワイ)

日本・ハワイで活躍するカメラマンのレスターミヤシロさんは、撮影日の天候や時間帯など、その時々の特色を活かし、たとえ曇り空や雨でもウェディングフォトをアートに仕上げることができます。
 レスターさんが育ったハワイは、天気の変わりやすい土地柄。ハワイでのロケーション撮影では「今は雨だけどもうすぐ晴れる」「雨の日こそサンセットが美しい」など空の表情を先読みしながら、その瞬間瞬間のベストなアートを生み出しています。前撮りの料金は1時間あたり10万円前後。

どんな天候でも素敵に仕上げる ILUMINI(日本・ハワイ)

アートなウェディングフォト「こんな人におススメ!」 

1.「加工アプリは自撮りの必須アイテム!」

1.「加工アプリは自撮りの必須アイテム!」

自撮りするなら絶対、加工アプリを使っているという方にとって、自分史上最も輝いていたいウェディングフォトが、“ありのまま”というのでは、ハレの日にノーメイクで臨むのと同じような感覚に陥ったりするのではないでしょうか。そんな方には、レタッチ技術を駆使したアートなウェディングフォトがおススメです。

2.「モデルや女優のように撮られたい!」

2.「モデルや女優のように撮られたい!」

インスタグラムでは、ファッションモデルや映画スターさながらのドラマティックな海外の結婚写真も投稿されています。「一度でいいからあんな風になってみたい」と憧れている方は、ぜひ、アートなウェディングフォトで夢を叶えましょう!

3.「写真の中ではお姫様気分を満喫したい」

3.「写真の中ではお姫様気分を満喫したい」

「プリンセスになりたい」願望を叶える場として、ゲストの方をお招きする結婚式では気後れするかもしれませんが、前撮りや後撮りでは誰にも気兼ねなく、なり切ることができます。新郎からひざまずいた姿勢でプロポーズを受けるシーンなど、普段なら恥ずかしく感じるような大胆なポージングにもトライしてみましょう!

記事一覧へ戻る